スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ご案内  

香川の野鳥を守る会の野鳥観察会は、どなたでも参加できます!

○参加料 大人:100円 高校生以下:無料  ○持ち物 あれば双眼鏡、野鳥図鑑 ◯小雨決行(警報時中止)

10月 丸亀市 土器川生物公園
初秋から年末にかけては、恒例の土器川生物公園。特に10月は渡りの個体に出会うチャンスも多く、ノゴマやムシクイ類が期待できます。コースは平坦、初心者に方でも安心してご参加いただけます。気持ちの良い季節に、バードウォッチングを楽しみましょう!
<日  時> 2017年10月15日(日) 9時~12時(予定) 
<場  所>  丸亀市 土器川生物公園
<集合場所> 土器川生物公園駐車場 



11月 丸亀市 土器川生物公園
お馴染み、土器川生物公園2回目。例年だとアトリ、ジョウビタキ、ツグミなどの冬鳥が観察できる時期。今年の冬を楽しませてくれる野鳥たちを、観察会で出迎えましょう!
コースは平坦、初めての方も安心です!
<日  時> 2017年11月19日(日) 9時~12時(予定) 
<場  所>  丸亀市 土器川生物公園
<集合場所> 土器川生物公園駐車場 



スズメのアニメ

★ 主なテーマ一覧 ★
 ※お探しのテーマが見当たらない場合は、右上の検索ボックスで調べてみてください。

■観察する
・フィールドマナー  ・珍しい野鳥を見つけたら  ・コウノトリがいたら

■記録する
フィールドノートを書こう  ・香川県野鳥関係文献目録  ・野鳥記録を報告する ・香川県野鳥記録・研究報告集 Woodpecker

■保護する
 <密猟対策> ・密猟を見たらすぐ110番 ・違法飼養を助長するTV番組について
 <地域保全> ・屋島パラグライダー問題(2002~2003年)
 <外来種問題> ・ソウシチョウ ・ヒゲガビチョウ〈NEW〉
 <釣り糸・釣り針事故> ・概要
 <狩猟・有害駆除の適正化> ・捕りっぱなしのカラス駆除  ・クロガモとスズガモを非狩猟鳥獣に
 <重油流出事故> ・豊島沖タンカー衝突事故(2006年)

■野鳥観察地
 <高松市> ・栗林公園 ・小田池

現在、サイト整理中です。
過去の記事がNEW表示されるなど不都合がありますが、ご了承ください。


香川の野鳥を守る会 掲示板
ご要望により、掲示板を開設しました。
こちらです!!
スポンサーサイト

category: ■守る会について

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

珍しい野鳥を見つけたら  

珍しい野鳥を見つけたら

〔概要・問題点〕
野鳥観察・撮影者が押し寄せ、野鳥や地元に迷惑をかける事態が多発しています。
誰でも珍しい野鳥を見つける可能性はありますので、そのときにパニックにならないよう、「何が大事か」という原則をしっかりとおさえて、慌てずに行動する必要があります。
〔香川の野鳥を守る会の方針〕
野鳥と地元が最優先。

〔INDEX〕
●珍しい鳥を見つけたときの心構え
●対応の流れ(例)
●記録を報告する
●(参考) 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)及び珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
●珍しい鳥を見つけたときの心構え

 野鳥は生き物ですから、皆さんの自宅近くに香川県にめったに渡来しない種類や、もしかしたら日本初記録となる野鳥が渡来するかもしれません。実際香川県でも、メジロガモやアカハシハジロ、レンカクといった非常に珍しい鳥が渡来したこともあります。2005年末からのコウノトリの渡来も、記憶に新しいところです。
 そのような場合、ついつい仲間に教えることを真っ先にしがちです。しかし野鳥と地元に迷惑をかけないこと、そして記録をきちんととることを優先したいものです。一度仲間やマスコミに情報を流すと、情報は一人歩きを始めます。その結果野鳥愛好者や一般の方が連日大勢押し寄せて、野鳥と地元が迷惑することも少なくありません。
 特に、「自分が最初に見つけたのだから、情報を流すかどうかは自分の勝手だ」という方が時折います。しかしそうした方は、同時に「情報を流すかどうかを決定した責任」を負わなければならないという意識が欠落しています。そのため野鳥や地元が迷惑するかどうかは考えず、とにかく知り合いやマスコミにどんどん知らせます。しかしこうした姿勢が、全国各地でトラブルを招いています。
 珍しい野鳥を見つけたとき、どう行動するか。そこにはその人の野鳥保護意識や、他人への姿勢が明確に現れます。
「野鳥情報を知らせる喜び」もいいものですが、まずは「発見する喜び」をかみしめ、冷静にその後の行動を検討しましょう。

●対応の流れ(例)
種類や状況によって、対応のしかたはケースバイケースです。ただし「一に野鳥、二に地元」という原則は必ず押さえましょう。

①野鳥を識別する。
自分でわからないときは、本会スタッフや知人の詳しい人に相談しましょう。ただその際、連絡した方から別の人に情報を流さないよう伝えましょう。一度情報が流れれば、二度と隠すことはできません。
本会スタッフに連絡をいただいた場合は、皆さんの了承無く第三者に口外することはありません。
②記録する。
写真等を撮れるなら、野鳥や地元に迷惑のかからない範囲で行います。撮影できない場合、特徴や行動を細かくメモしましょう。
本会では形態・鳴き声・行動など、様々な点から詳しく記録されていれば、写真がなくても「確認」とする場合があります。
③情報をどう扱うか検討する。
落ち着いて考えましょう。
・野鳥観察・撮影愛好者が多数訪れても大丈夫ですか?
・駐車スペースはありますか? 土・日は特に人出が増しますが、大丈夫ですか?
・「どこにいる?」「今もいる?」という問い合わせに対応できますか? 野鳥によっては、多くの人が尋ねてくることもあります。
・野鳥は安全ですか? 隠れる茂み、餌はありますか? 
・田畑への侵入は食い止めれますか? 残念ながら、他人の敷地に勝手に入る人もいます。


●記録を報告する
 珍しい野鳥の記録は、きちんと残すことが大事です。
 ただ多くの方は、新聞に流せばそれで良いと思いがちですが、実際はそれでは何の記録にもなりません。
(新聞記事は後で検索できず、その野鳥が渡来したことを知っている人しか利用できません。 )
 そこでまず、本会など地域の野鳥関係団体に、観察状況を整理して報告しましょう。
 報告するポイントは、次のとおりです。
・いつ、どこで、だれが見たか
・見た野鳥の種、性別、年齢と、それらを識別した根拠

 こうした報告をして会誌などで発表するとともに、種類によって香川生物学会や日本野鳥の会、日本鳥学会に報告しましょう。
 
○本会はリアルタイムでの情報は不要ですが、今後の資料とするため、後日報告していただければ幸いです。
○本会にご相談いただければ、各学術団体への投稿についてご協力します。


●(参考) 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)及び珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
 珍鳥情報の取り扱いについて、とても良い考え方の基準がありますので、ご紹介します。
初出は「British Birds」75,1982.7,p301~303、翻訳は古南幸弘氏で、「珍鳥ウオッチングに関するルール・イギリス編」(「野鳥」,日本野鳥の会,1990.4,p29~30です。
イギリスのものなので日本とは一致しない部分も多く、日本では無理なところもありますが、考え方は非常に参考になります。

○ 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)
1 発見者は、珍鳥発見の報を必ずしも他へ流す必要はない、と考えるべきである。
2 情報を流したい時、そこに集まりそうな人数を予測し、鳥や環境、付近の住民に被害が出ないかどうか検討する。
3 土地の所有者、耕作者、付近の住民やバードウォッチャーに事情を説明し、事前によく相談しておく。道路交通への影響が考えられる時には、警察に届ける。保護区(サンクチュアリ)では、まず管理人(レンジャー)に報告する。
4 受け入れ態勢が整うまでは、情報を流さない。見回り、観察場所の指定、案内や方向指示用看板の設置、駐車場所の手配等の準備が考えられる。
5 情報を流す際、観察場所への道順と事前の取り決めについては、誤りなく伝える。

○ 珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
1 珍鳥発見の第一報を受け取った場合、情報を他へ流す前に、その場所にバードウォッチャーが殺到しても大丈夫かどうか確認する。
2 信頼できる情報には従う。
3 もし以前珍鳥を見に行った経験があるなら、事前に準備すべき対策について提言する。できれば現地で準備を手伝う。
4 出発する前に、観察場所への道順と事前に取り決められた事項について十分確かめる。
5 情報を流す時は、遺漏なくすべてを伝えるよう注意する。
6 現地では、常識に従って安全に駐車する。現地の指示を守り、鳥の生息を脅かさないことを第一に考えて行動する。
7 他人の不品行は黙認しない。
8 観察・撮影の際は、他の人より前に出てはいけない。鳥に近寄らず、双眼鏡、望遠鏡、望遠レンズを活用する。
9 バードウォッチャー以外の見物人や付近の住民にも親しく接し、必要なことは説明すること。
10 目あての鳥が急に、近くの別の場所に移動したような時は、出発を控え現地の態勢が整えられるのを待つ。
11 英国田園委員会(国立公園等を管轄する政府の行政組織)の定めた「田園のルール(the Country Code)」を守る。
その内容は、・火をださない、・犬をはなさない、・農地に入らない、・生け垣をこわさない、・家畜作物農機にさわらない、・ごみは持ち帰る、・池や川の水を汚さない、・生き物を傷つけたり持ち帰ったりしない、・交通安全に注意する、・騒音をたてない。

category: ■観察する

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

ヒゲガビチョウの情報をお寄せください。  

香川県へも侵入・定着している外来種 ヒゲガビチョウ

ヒゲガビ1
▲ヒゲガビチョウ 性・齢不明・ 綾川町 2016.11.3 PHOTO◎岩田篤志(鳥類標識調査による一時的な捕獲、以下同じ)

四国でのみ確認されている外来種
 ヒゲガビチョウ Garrulax cineraceusはソウシチョウと同じくチメドリ科の外来種。本来の生息地は中国中・南部からミャンマー北部・インド北西部です(MacKinnon & Phillipps,2000)。日本では四国、高知県と愛媛県で繁殖しています(日本鳥学会,2012)。

 最も古い観察記録は1998年9月(愛媛県愛南町)、高知県では2000年8月(土佐町)です。2005年4~5月の聴取調査では愛媛県・高知県で9市町・25例が確認されており、確認地点は低標高地から標高1200m付近まで。この時点でかなりの広がりを見せていました(濱田ら,2006)。図鑑では標高200-2570m、多くは標高1800m以下に生息するとされていますので(MacKinnon & Phillipps,2000)、四国全域で生息可能と考えてよさそうです。
 ソウシチョウが狭い場所で高密度で生息するのに対し、ヒゲガビチョウは低密度で広く分布しているとのことであり(四国外来鳥類研究会,2007)、ヒゲガビチョウの方が「広がりやすさ」では有利なのかもしれません。

 なお、本来の生息地では下記の3亜種が認められています。
 ・G.c.cineraceus  最も西に分布する基亜種、羽色全体が淡色で、頭部に赤栗色部がない。
 ・G.c.strenuus   中国南西部に分布、基亜種よりもやや濃色だが、頭部の褐色部は比較的淡色で不明瞭
 ・G.c.cinereiceps  中国国南東部に広く 分布、全体に濃色で頭部の赤栗色部が明瞭
 これについて、2006年に高知県で2個体を鳥類標識調査により調査した結果では、頭部の赤栗色部が明瞭であることから亜種cinereicepsの可能性が高い(片岡ら,2006)とし、また日本に侵入しているのはこの亜種として掲載している図鑑(Brazil,2009)もあります。

香川県へも侵入
 香川県でも様々な外来種が確認されますが、ドバトなどの古い外来種を除き、完全に定着・拡大している外来種の小鳥類はソウシチョウとハッカチョウくらいです。ソウシチョウは確認された時期・場所から、2004年にレオマワールドから台風で逃げた約150羽が起源であるのがほぼ確実。ハッカチョウも綾歌町での繁殖個体が分散しており、これもレオマワールドから逃げ出した個体が原因ではないかと考えられています。このように、香川県の外来鳥類は、一定数の個体数がまとまって逃げたことが、定着の契機となっています。
 一方、ヒゲガビチョウは愛媛県・高知県で分布を拡大してきたもの。このため、まずは香川県西部で確認されるだろうと考えていましたが、2006年・2007年に諸報告が出て以降も県内での観察情報がないため、香川県にはまだまだ侵入していないのだろうと筆者(岩田)は考えていました。
 ところが2015年10月、香川県にソウシチョウ調査に訪れた県外の研究者によって、綾川町大高見峰でヒゲガビチョウ5羽が確認されました。よりによって香川県の真ん中であり、既にこの地域以西では侵入している可能性が高くなりました。
 その後、県内のウォッチャーによる報告がなされないまま、「まんのう町尾ノ瀬山でもいた」「◯◯で見た」という話を聴くことが多くなり、少なくとも香川県中西部では完全に定着しているようです。またソウシチョウの例からみると高松市公渕公園や藤尾神社でも、近いうちに確認されるのではないかと思います。

香川県での調査が必要
 継続調査をするため、筆者も2015年に確認された大高見峰で鳥類標識調査を実施し、2016年11月・12月にそれぞれ1羽を捕獲・放鳥しました。四国の他地域では広葉樹の二次林、スギ・ヒノキ人工林、落葉広葉樹天然林、モウソウチク林などで記録されていますが(濱田ら,2006)、大高見峰の調査地もスギが植林された谷に隣接するササ林(標高177m地点)であり、スギ林周辺に生息しているようでした。
 しかし2017年1月には声も聴けず、2017年4月には再び声を確認するようになりました。まだ1シーズンだけですが、厳冬期には移動している可能性があります。

 なお、筆者が捕獲したヒゲガビチョウも頭部の赤栗色部が明瞭ですので、亜種cinereicepsの可能性が高く、そうすると愛媛県・高知県と同亜種ということになり、分布拡大してきたという可能性を補強することになります。
ヒゲガビ2
▲ヒゲガビチョウ 性・齢不明・ 綾川町 2016.11.3 PHOTO◎岩田篤志

 10年程度の間に香川県へヒゲガビチョウが侵入したとすれば、今後の10年程度の間に、県内各地で観察される程分布を拡大すると思われます。しかし外来鳥類を駆除することは極めて難しく、現時点ではての打ちようがありません。

 その中で、私たちに「できること」は、記録を残し、同じ過ちを繰り返さないことです。

 いつ、どこに、何羽程度がいるのか。実は見つけやすいハッカチョウ、注目度が高いソウシチョウと比較して、県内のヒゲガビチョウについては、まだほとんど報告されていないにも関わらず、県内のバードウォッチャーの多くは「最近よく見る鳥」として慣れつつあります。
 今、この時が、ヒゲガビチョウの分布拡大の激動期にあたります。いずれ正式な報告にまとめたいとも思いますので、ぜひ香川県でヒゲガビチョウを観察したら、その情報を本会までお寄せください。


ヒゲガビ3
▲ヒゲガビチョウ 性・齢不明・ 綾川町 2016.12.31
翼は丸く、あまり長距離を渡りそうにない。

ヒゲガビ4
▲ヒゲガビチョウ 性・齢不明・ 綾川町 2016.12.31
 尾は特徴的な模様がある。

(参考文献)
・2006,濱田哲暁・佐藤重穂・岡井義明.外来種ヒゲガビチョウGarrulax cineraceusの四国における記録と繁殖.日本鳥学会誌 55: 105-109.
・2006,片岡宣彦・梶田学・梶田あまね.新たな移入種 ヒゲガビチョウ ‐四国山奥の隠者‐,日本鳥学会 2006年度大会ポスター発表
・2000,MacKinnon, J. and Phillipps, K. A Field Guide to the Birds of China. Oxford University Press
・2012,日本鳥類目録改訂第7版,日本鳥学会
・2007,四国外来鳥類研究会.四国地域におけるチメドリ科外来鳥類の定着実態の解明

category: 外来種問題

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

香川県で、野鳥の違法飼養を摘発!!  

香川県内で、違法飼養が摘発されました。

昨日、香川県で違法飼養の現行犯逮捕が有りました。
三豊市での事件ですが、高松南署が担当しています。
(6月29日付け四国新聞に掲載されていますが、ネットでは見られないようです。)

直接の容疑はホオジロ1羽の違法飼養。
ただし、他にオオルリ、コマドリ、クロツグミも飼養しており、
計11羽が飼養されていました。

販売目的での飼養も考えられることから、
引き続き、捜査を続けるとのことです。

香川県における野鳥の密猟では、メジロが目的とされる場合が多いのですが、
オオルリ、コマドリ、クロツグミなどの密猟・違法飼養も、以前から何回か摘発されています。

言う間でもなく、原則として全ての野鳥・卵は捕獲禁止です。
繁殖期の盛りでもあり、巣立った幼鳥がよく見られる時期になりましたが、
例年この頃から、密猟事件もよく発生しています。

山で野鳥を捕獲している(カスミ網はもちろん、トリモチ・落とし籠の場合もあります)、
近くの民家の軒先に、カゴに入れられたメジロがある、
早朝、ある建物から一斉に野鳥の鳴き声が聞こえる等、
密猟・違法飼養が疑われる場合は、最寄りの警察、県、本会などのご相談ください。
(本会には、香川県で最も密猟対策に詳しい人間もいます。)

密猟は、決して遠い世界の話ではありません!!

参考→「香川から野鳥の密猟を根絶しましょう

category: 密猟対策

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

大川山で、カッコウ。  

2017年6月 大川山(まんのう町)観察会

 本会初の大川山での観察会。 キビタキやカラ類などの囀りが響く中、まずはいつものホオジロですが、やはり「大川山のホオジロ」は、どこか雰囲気も異なります。
 やや進むんだところで、一瞬でしたがキビタキ♀。
 その後の斜面では、すごく近くからクロツグミとキビタキの囀りが響きます。なんとか見たい!と粘りましたが、残念ながら姿は見えず。
 続いてヤマドリも一瞬出ましたが、これもスタッフ1名が確認したのみ。

 その後、ホトトギス類が期待できるポイントで、しばし待機。
 ホトトギスの声が近づいたり、樹上にコサメビタキ2羽を観察していると、近づいてくる「カッコー」という声。
 あと少しと願っていると、樹上に止まってくれました。遠いながらもカッコウと確認できる光具合。
 見ている時にカッコーと囀ることもあり、山に来てよかったなぁと実感した瞬間でした。

 戻り道は大川神社経由。ミソサザイを期待しますが、残念ながら姿は見えません。
 そこで、昨年把握していたミソサザイの古巣を観察。ややじっくり見られた種数は少ないながらも、大川山ならではを堪能できた観察会となりました。
 それにしても、山頂で外来種のソウシチョウの囀りを聞いたのは残念でした…。

●観察種:20種(+時間外1種)
ハチクマ
トビ
ヤマドリ
カッコウ
ツツドリ
ホトトギス
アオゲラ
コゲラ
キセキレイ
ヒヨドリ
ミソサザイ
クロツグミ
キビタキ
コサメビタキ
ヒガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
ホオジロ
カケス
ハシブトガラス
ソウシチョウ


category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。