スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ご案内  

香川の野鳥を守る会の野鳥観察会は、どなたでも参加できます!

○参加料 大人:100円 高校生以下:無料  ○持ち物 あれば双眼鏡、野鳥図鑑

6月 丸亀市 綾歌森林公園
冬鳥が去り、夏鳥が賑やかになる季節。新緑の山を登りながら、野鳥の生活を観察します。目当ては香川県の県鳥・ホトトギス。昨年は出会えませんでしたが、今年こそは期待です。やや山を登りますので、動きやすい服装でお越しください。

※7月・8月の観察会はお休みです。

<日  時> 2016年6月5日(日) 9時~12時(予定) 
<場  所>  丸亀市 綾歌森林公園
<集合場所> 綾歌森林公園駐車場 ※地図にリンクしています。

9月 観音寺市 姫浜
9月は、春秋に香川県を通過するシギ・チドリ類を求め、再び観音寺市姫浜での開催です。香川県ではまだまだ暑さが続きますが、短い夏の間に繁殖を終えたシギ・チドリ類が、香川県を南下していきます。幼鳥が混じるため春よりも個体数が多いはず、と期待していますが、今年はどうでしょうか。一人ではちょっと手が出し難いシギ・チドリ類を、皆で楽しみます。海岸部を歩く起伏のないコース、初心者の方も安心です!
<日  時> 2016年9月11日(日) 9時~12時(予定)
<場  所> 観音寺市 姫浜(一ノ宮海岸~花稲漁港)
<集合場所> 観音寺市一ノ宮海岸駐車場 ※地図にリンクしています。

スズメのアニメ

★ 主なテーマ一覧 ★
 ※お探しのテーマが見当たらない場合は、右上の検索ボックスで調べてみてください。

■観察する
フィールドマナー  ・コウノトリがいたら

■記録する
フィールドノートを書こう  ・香川県野鳥関係文献目録  ・野鳥記録を報告する ・香川県野鳥記録・研究報告集 Woodpecker

■保護する
 <密猟対策> ・密猟を見たらすぐ110番
 <地域保全> ・屋島パラグライダー問題(2002~2003年)
 <外来種問題> ・ソウシチョウ
 <釣り糸・釣り針事故> ・概要
 <狩猟・有害駆除の適正化> ・捕りっぱなしのカラス駆除  ・クロガモとスズガモを非狩猟鳥獣に
 <重油流出事故> ・豊島沖タンカー衝突事故(2006年)

■野鳥観察地
 <高松市> ・栗林公園 ・小田池

現在、サイト整理中です。
過去の記事がNEW表示されるなど不都合がありますが、ご了承ください。


香川の野鳥を守る会 掲示板
ご要望により、掲示板を開設しました。
こちらです!!
スポンサーサイト

category: ■守る会について

tb: --   cm: --

シギ・チドリ類を満喫! 香川県の春。   

夏鳥・留鳥・冬鳥・旅鳥の全てを堪能!

久しぶりのシギ・チドリ観察会。まずは堤防でキアシシギを観察。
続いて一ノ宮海岸北側の堤防では、すぐ下にいるたくさんのトウネンを観察しました。
IMG_0485.jpg

小さいシギ・チドリ類のため、いつもは観察にも一苦労ですが、
今回は間近で冬羽のもの、夏羽になりかけのものと、バリエーションに富んだ姿を堪能しました。
IMG_0494.jpg


遠くにはチュウシャクシギが2羽。独特の嘴が、やはり魅力的です。
そのまま柞田川河口へ向かっていると、今度はハマシギ。
IMG_0510.jpg

全部で50羽程度と、やっぱりハマシギは群が良いなぁと実感。飛翔するところも観察できました。
IMG_0500.jpg

その他、コアジサシがいたりヒドリガモがいたり、カモメがいたりホイグリンカモメがいたりと、
夏鳥・留鳥・冬鳥・旅鳥の全てを堪能した観察会となりました。

いやあ、やっぱり野鳥はいいなぁ。

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

ウミアイサに遭遇、カニを喰うトビ  

平成28年3月22日(日) 新川観察会

護岸改修がなされた新川河口。
例年並みのカモはいますが、残念ながら岸近くから遠ざかるのも早くなりました。
そんな中、やや上流にカモ類が集結。

そこでまず、ここでは珍しいウミアイサ♂を1羽観察しました。
残念ながら頭を水面に突っ込んでの採餌が長かったのですが、パンクヘアーを堪能しました。
新川河口では過去にはクロガモが観察されたこともあり、海ガモ類も入り込むようです。

IMG_0386
▲眠るヒドリガモ。カモ類もくつろいでいました。

また、中州に休むヨシガモも観察。
時折り光が上手くあたり、鮮やかな緑色の頭部を楽しみました。

河口へ向かう途中では、一部の方がカワセミを発見したものの、すぐに飛翔。
続いて、トビがカニを飛べるシーンも観察しました。
IMG_0391

またアオアシシギが5羽佇み、カモ類との違いも確認しました。
瀬戸大橋通りの橋から南では、カルガモの群に遭遇。
雌雄識別の話などを交え、観察会は終了しました。種数は例年並みですが、個体数はやや少なめ。
来年はちょっと観察会をここで実施するか、再考のしどころのようです。

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

梅に集うメジロ、春は間近です! 栗林公園観察会  

平成28年2月21日(日)  高松市 栗林公園 


 梅が咲く栗林公園。吸蜜に集まったメジロで華やかに始まりました。
20160221メジロ2.

20160221メジロ5.
▲梅の蜜に夢中です。

開始直前に飛んでいたハイタカを気にしつつ、紫雲山の頂上近辺の猛禽類を探していると、緑色の群が飛び交っています。
アオバトです!
距離は遠いものの、こんな街中でじっくり見られる機会はそうそう無く、じっくり堪能しました。

赤壁では、非常に近くの枝にとまっていたモズ♀。まるでモデル撮影会のような状態になりました。
20160221モズ3.
▲警戒する様子もなく、じっとしてしました。満腹なのかな?

このほか、ふと見上げた茶室の上や水路など、あちこちでゴイサギ幼鳥に出会ったのも印象的でした。
20160221ゴイサギ屋根
▲一瞬、屋根の上にキノコがあるのかと思いました。

20160221ゴイサギ5
▲あどけない顔が印象的です。

カワセミには出会えなかったものの、様々な野鳥の出会いに、楽しさと笑いに溢れた観察会となりました。
さて、栗林公園はこれで一区切り、次回は新川でカモ観察です。お待ちしています!

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

NHK 「さわやか自然百景 備讃瀬戸」が放送されました。  

NHKの「さわやか自然百景 備讃瀬戸」が放送されました。

実は昨年当初から、NHK松山放送局の方から、備讃瀬戸で冬に見られる野鳥や撮影に適した場所など、事務局にお問い合わせがあったものです。
ご希望は冬に水鳥が多い海辺ということでしたが、なかなか香川県でそのような場所はあまり有りません。そこで、ぎりぎり河口で、カモ類・カワウ・サギ、ミサゴがほぼ確実に見られるということで、本会観察会でもお馴染み高松市新川河口をご紹介しました。

同地での撮影は昨年12月中旬に行われましたが、日程が合わずNHKの方とはお会いできないまま終わりましたが、
しかし放送では、新川のカワウ、でっかい魚を咥えて飲み込めずに諦めたアオサギ、ミサゴのダイビング等、野鳥好きとしても楽しめるだけでなく、海中のアマモ場の様子など、短い時間ながら、非常に良い番組でした。
(あのマヌケなアオサギには、助演男(女)優賞を贈りたい。)

詳細は、NHKの「さわやか自然百景」-「過去の放送・放送日別」-「2015年度 1月」-「瀬戸内海 備讃瀬戸」でご覧になれます。

また、1月末まではNHKオンデマンドの「見逃し番組」で(有料ですが)見られるようです。
それ以降は、再放送を待ちましょう。

category: 地域保全

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。