珍しい野鳥を見つけたら  

珍しい野鳥を見つけたら

〔概要・問題点〕
野鳥観察・撮影者が押し寄せ、野鳥や地元に迷惑をかける事態が多発しています。
誰でも珍しい野鳥を見つける可能性はありますので、そのときにパニックにならないよう、「何が大事か」という原則をしっかりとおさえて、慌てずに行動する必要があります。
〔香川の野鳥を守る会の方針〕
野鳥と地元が最優先。

〔INDEX〕
●珍しい鳥を見つけたときの心構え
●対応の流れ(例)
●記録を報告する
●(参考) 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)及び珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
●珍しい鳥を見つけたときの心構え

 野鳥は生き物ですから、皆さんの自宅近くに香川県にめったに渡来しない種類や、もしかしたら日本初記録となる野鳥が渡来するかもしれません。実際香川県でも、メジロガモやアカハシハジロ、レンカクといった非常に珍しい鳥が渡来したこともあります。2005年末からのコウノトリの渡来も、記憶に新しいところです。
 そのような場合、ついつい仲間に教えることを真っ先にしがちです。しかし野鳥と地元に迷惑をかけないこと、そして記録をきちんととることを優先したいものです。一度仲間やマスコミに情報を流すと、情報は一人歩きを始めます。その結果野鳥愛好者や一般の方が連日大勢押し寄せて、野鳥と地元が迷惑することも少なくありません。
 特に、「自分が最初に見つけたのだから、情報を流すかどうかは自分の勝手だ」という方が時折います。しかしそうした方は、同時に「情報を流すかどうかを決定した責任」を負わなければならないという意識が欠落しています。そのため野鳥や地元が迷惑するかどうかは考えず、とにかく知り合いやマスコミにどんどん知らせます。しかしこうした姿勢が、全国各地でトラブルを招いています。
 珍しい野鳥を見つけたとき、どう行動するか。そこにはその人の野鳥保護意識や、他人への姿勢が明確に現れます。
「野鳥情報を知らせる喜び」もいいものですが、まずは「発見する喜び」をかみしめ、冷静にその後の行動を検討しましょう。

●対応の流れ(例)
種類や状況によって、対応のしかたはケースバイケースです。ただし「一に野鳥、二に地元」という原則は必ず押さえましょう。

①野鳥を識別する。
自分でわからないときは、本会スタッフや知人の詳しい人に相談しましょう。ただその際、連絡した方から別の人に情報を流さないよう伝えましょう。一度情報が流れれば、二度と隠すことはできません。
本会スタッフに連絡をいただいた場合は、皆さんの了承無く第三者に口外することはありません。
②記録する。
写真等を撮れるなら、野鳥や地元に迷惑のかからない範囲で行います。撮影できない場合、特徴や行動を細かくメモしましょう。
本会では形態・鳴き声・行動など、様々な点から詳しく記録されていれば、写真がなくても「確認」とする場合があります。
③情報をどう扱うか検討する。
落ち着いて考えましょう。
・野鳥観察・撮影愛好者が多数訪れても大丈夫ですか?
・駐車スペースはありますか? 土・日は特に人出が増しますが、大丈夫ですか?
・「どこにいる?」「今もいる?」という問い合わせに対応できますか? 野鳥によっては、多くの人が尋ねてくることもあります。
・野鳥は安全ですか? 隠れる茂み、餌はありますか? 
・田畑への侵入は食い止めれますか? 残念ながら、他人の敷地に勝手に入る人もいます。


●記録を報告する
 珍しい野鳥の記録は、きちんと残すことが大事です。
 ただ多くの方は、新聞に流せばそれで良いと思いがちですが、実際はそれでは何の記録にもなりません。
(新聞記事は後で検索できず、その野鳥が渡来したことを知っている人しか利用できません。 )
 そこでまず、本会など地域の野鳥関係団体に、観察状況を整理して報告しましょう。
 報告するポイントは、次のとおりです。
・いつ、どこで、だれが見たか
・見た野鳥の種、性別、年齢と、それらを識別した根拠

 こうした報告をして会誌などで発表するとともに、種類によって香川生物学会や日本野鳥の会、日本鳥学会に報告しましょう。
 
○本会はリアルタイムでの情報は不要ですが、今後の資料とするため、後日報告していただければ幸いです。
○本会にご相談いただければ、各学術団体への投稿についてご協力します。


●(参考) 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)及び珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
 珍鳥情報の取り扱いについて、とても良い考え方の基準がありますので、ご紹介します。
初出は「British Birds」75,1982.7,p301~303、翻訳は古南幸弘氏で、「珍鳥ウオッチングに関するルール・イギリス編」(「野鳥」,日本野鳥の会,1990.4,p29~30です。
イギリスのものなので日本とは一致しない部分も多く、日本では無理なところもありますが、考え方は非常に参考になります。

○ 珍鳥を発見した人のルール(Code for rarity-finders)
1 発見者は、珍鳥発見の報を必ずしも他へ流す必要はない、と考えるべきである。
2 情報を流したい時、そこに集まりそうな人数を予測し、鳥や環境、付近の住民に被害が出ないかどうか検討する。
3 土地の所有者、耕作者、付近の住民やバードウォッチャーに事情を説明し、事前によく相談しておく。道路交通への影響が考えられる時には、警察に届ける。保護区(サンクチュアリ)では、まず管理人(レンジャー)に報告する。
4 受け入れ態勢が整うまでは、情報を流さない。見回り、観察場所の指定、案内や方向指示用看板の設置、駐車場所の手配等の準備が考えられる。
5 情報を流す際、観察場所への道順と事前の取り決めについては、誤りなく伝える。

○ 珍鳥ウォッチャーのルール(Code for twitchers)
1 珍鳥発見の第一報を受け取った場合、情報を他へ流す前に、その場所にバードウォッチャーが殺到しても大丈夫かどうか確認する。
2 信頼できる情報には従う。
3 もし以前珍鳥を見に行った経験があるなら、事前に準備すべき対策について提言する。できれば現地で準備を手伝う。
4 出発する前に、観察場所への道順と事前に取り決められた事項について十分確かめる。
5 情報を流す時は、遺漏なくすべてを伝えるよう注意する。
6 現地では、常識に従って安全に駐車する。現地の指示を守り、鳥の生息を脅かさないことを第一に考えて行動する。
7 他人の不品行は黙認しない。
8 観察・撮影の際は、他の人より前に出てはいけない。鳥に近寄らず、双眼鏡、望遠鏡、望遠レンズを活用する。
9 バードウォッチャー以外の見物人や付近の住民にも親しく接し、必要なことは説明すること。
10 目あての鳥が急に、近くの別の場所に移動したような時は、出発を控え現地の態勢が整えられるのを待つ。
11 英国田園委員会(国立公園等を管轄する政府の行政組織)の定めた「田園のルール(the Country Code)」を守る。
その内容は、・火をださない、・犬をはなさない、・農地に入らない、・生け垣をこわさない、・家畜作物農機にさわらない、・ごみは持ち帰る、・池や川の水を汚さない、・生き物を傷つけたり持ち帰ったりしない、・交通安全に注意する、・騒音をたてない。

スポンサーサイト

category: ■観察する

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

◆香川県でツル類が安心して越冬できるよう、ご理解・ご協力をお願いします。◆  

◆香川県でツル類が安心して越冬できるよう、ご理解・ご協力をお願いします。◆


香川県では近年、高松市・丸亀市・観音寺市・綾川町で観察されており、県内のどこでも、ある程度の休耕田があればナベヅルが一時的に飛来することが考えられます。しかし他県と異なり、広い農耕地が少ないことから、ツル類が渡来した場所が、そのままねぐらとして適切な場所とは限りません。そのため、多くの人が接近したり安易に給餌することで、逆にツル類の生息を脅かす可能性があります。
そこで、今後香川県にツル類が渡来することを想定し、次の点にご注意いただければと思います。

◯ツル類に接近しての観察・撮影、無断駐車や農耕地への侵入等は絶対にしないでください。
 記録写真を撮るよりも、まずはツル類の安全と、地元の生活が優先です。
 写真よりも、いつから居るのか、日中もずっといるのか、何羽いるのかという基礎的な情報を記録してください。

◯「まずマスコミに知らせる」ことはご遠慮ください。
もちろん報道されることにより多くの方が注目し、保護が進むことも期待できます。
しかし、保護が進むより先に、多くの方が見に行くことによって、ツル類が警戒したり、地元の方の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。
自分が群を初めて見つけたようでしたら、県みどり保全課や本会等の野鳥保護団体にまずご連絡ください。
特に香川県では少ないものの、銃猟が頻繁に行われる地域(ため池等)の場合、速やかにご連絡ください。

◯安易な給餌はご遠慮ください。
 給餌によって、ツル類の栄養の過不足、残餌によるネズミや害虫の増加、群をその場所に執着させることによる弊害(野良猫やイタチ等による被害)が有り得ます。給餌を行う場合は、個人の判断ではなく、県や地元、保護団体等と調整のうえ実施することをお勧めします。

category: ■観察する

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

冬季のフクロウ類の観察・撮影に関してお願い  

冬季のフクロウ類の観察・撮影に関してお願い

例年、県内にはコミミズク・トラフズクなどのフクロウ類が越冬します。
しかしながら、一部に、自身の観察・撮影を優先させ、
地元の方及び野鳥に迷惑をかけている状況が発生しています。


地元と野鳥に対する敬意・配慮の欠けた行動は、
将来、そこでの観察・撮影ができなくなったり、野鳥そのものが渡去する原因となります。
(そもそも、地元の方に迷惑をかける「趣味」は有り得ません。)

野鳥観察は、ルールも審判もありません。
だからこそ、一人の時でも、常に自分自身を律することが重要です。

香川県の野鳥を守るために、皆様のご協力をお願いいたします。

※冬季は、ツル類の飛来もありえます。
 その場合も、同様にご注意ください。→ツル類観察・撮影の注意についてはこちら

★野鳥観察はマナーを守って★

category: ■観察する

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

野鳥図鑑の紹介  

新しい野鳥図鑑が刊行されました。

2冊とも買いました。大きな出費ですが、新しい図鑑はワクワクしますね

ある程度慣れた方には、こちらがお勧め。
野鳥が切り抜かれた写真で掲載され、類似種との比較が明瞭。個体差もかなり収録されていますので、
すでに野鳥の名前はわかるけれど、より識別力を高くしたい、という方には強力な手助けになりそうです。
事務局のブログでレビューしていますので、興味のある方はどうぞ!



こちらは、一度刊行されたものの改訂版。とはいえ、中身はまるっきり変わっています。
自宅で頻繁に読んで、基本的な生態・形態を学ぶのに最適です。
事務局のブログでレビューしていますので、興味のある方はどうぞ!


category: ■観察する

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

香川県でコウノトリを見つけたら  

香川県でコウノトリを見つけたら、そっと見守りましょう

2010年2月、香川県でコウノトリを観察した、との報道がありました。
この時は大ニュースとなりましたが、以降、コウノトリは頻繁に香川県でも観察されるようになっています。
しかし、やはり珍しい野鳥のためか、「見物」に訪れる方も多いようです。

今後も皆さんの身近な場所に渡来することがありますので、
皆さんがコウノトリを見つけたら、ぜひ下記の点にご注意ください。

●コウノトリの生活と、地元の方の生活を最優先する。

むやみに近づいたり、騒いだりすると、コウノトリが休めずに体力を消耗したり、逃げたりします。
また、大勢の人間が集まると、地元の方の生活に悪影響がでます。
そこで、次のようなことにご注意ください。
【地元の方の生活を守るために】 野鳥観察者・撮影者は、マナーを守りましょう!!
・通行の邪魔になるような駐停車をしない。
・地元の方の通行を邪魔しない。
・道路をふさぐような観察・撮影はしない。
・ゴミを捨てない。
・田畑に入ったり、畦道を歩き回らない。

【コウノトリのために】 
・むやみに近づいたり、追いかけない。
・大きな声をださない。
・餌を与えない。(安易に餌を与えると、栄養が偏ったり、人を恐れなくなって思わぬ事故に繋がりかねません。)

●安易に情報を広めない
 マスコミで報道されたりすると、思いがけない人数が集まることがあります。
そのため、地元の方が困ったり、コウノトリが逃げる可能性があります。
 マスコミに積極的に連絡する必要はありません。
 
●写真・ビデオ撮影を優先しない。
 記録のためなら写真は数枚でよく、むしろ観察メモが重要です。
 ところが、「記録のため」と言って、毎日写真をとったりビデオをとる方がいます。
しかしこれらの「記録」が、きちんと学会誌等に報告されることはめったにありません。
 記録のためなら、遠くから観察しましょう。
 撮影に執着すると、ついつい追いかけるようになりますので、ご注意ください。

●「記録」は報告する。
 いつ・どこで・何羽いたかという記録は、コウノトリの保護に役立つ情報となります。
ぜひ、本会にご連絡ください。
 なお、特にマスコミを通じて保護を訴えなければならないような場合でない限りは、
本会からマスコミへの情報提供は原則として行いません。

●放鳥個体かどうかの確認
 放鳥されたコウノトリや野外で巣立ったコウノトリには、足環がついています。
 この足環の有無、また付いている場合はその状況によって、コウノトリの分布状況が把握できます。

 兵庫県立コウノトリの郷公園 のホームページには、
放鳥した個体の足環カタログがありますので、こちらでご確認ください。



category: ■観察する

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板