スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

豊島沖タンカー衝突事故(2006年)  

豊島沖タンカー衝突事故(2006年)
〔概要・問題点〕
 2006年11月28日、香川県小豆郡土庄町豊島沖で貨物船と小型タンカーが衝突し、タンカーから積み荷の重油が流出する事故が発生しました。重油は事故現場から東方約10キロの土庄港まで到達しました。
 野鳥への被害も懸念されますが、12月3日現在、マスコミで報道されたアイガモ以外には、被害個体は発見されていません。
 本会も12月2日に現地で調査しましたが、重油で汚染された野鳥は死体も含めて発見しませんでした。
また現地では野鳥自体が少なく(カモ類は1羽も見ませんでした)、今後、少なくとも小豆島沿岸では、新たな被害が
発生することは少なそうです。

〔香川の野鳥を守る会の方針〕
今後も同様な事故が発生した場合、本会では、重油汚染の被害鳥講習を受講したスタッフを中心に、関係機関、県外の専門家・経験者と連絡をとりつつ対応します。

●お願い
 野鳥の重油汚染対策は、一般人が適切に行うことは不可能です
 温水の準備、ケージ、安全に活動できる装備、そして洗浄した排水の処理など、クリアすべき課題がたくさんあります。
 本会でも現地の保護団体としての状況確認や調整はできますが、最適な保護・洗浄は関係機関と調整し、専門のネットワークに依頼しなければ不可能です。
 皆様も自分だけで助けようとせず、各機関との連携にご理解とご協力をお願いします。

もし重油流出事故が発生した場合
①生きている野鳥で、自力飛翔が困難な場合(海岸に打ち上げられた水鳥など)
香川県みどり保全課へご連絡ください。
 申し訳ありませんが、本会スタッフも全員現時点で本会へ直接ご連絡いただいても、すぐに行動できる人員がありません。
 また、重油が付着した野鳥でも、まだ十分飛翔できる個体まで捕獲して保護することは困難です。
 
②死んで打ち上げられた野鳥を発見した場合
種類、わかれば雌雄、羽数、場所、発見日時、発見者の方の氏名・連絡先を、本会や県みどり保全課にお知らせください。本会で送られた場合は、集約して、県みどり保全課へも通知します。


●豊島沖タンカー衝突事故(2006年)経緯
2006年11月28日 夕方 事故発生
2006年11月29日 新聞各社で報道
2006年11月30日 
 重油が広範囲に広がり、最大で約60キロリットル(ドラム缶300本分)になる可能性などが報道され

同日 昼 〔本会〕
 ・県外の重油事故経験者の方と連絡
 ・香川県みどり保全課、同水産課に、重油汚染の野鳥が発生した場合、
  県外の経験者と連絡しつつ、本会でできる協力をすること口頭で連絡
 ・香川県みどり保全課に、現時点では被害鳥の情報がないことを確認

同日 夜
 ・TVニュースで重油汚染のマガモ(後にアイガモ※と確認)が報道される
  ※腰掛川でアイガモ7羽が被害を受け、1羽が死亡。

2006年12月1日
 香川県みどり保全課の担当の方より、本日重油が漂着した沿岸を確認したが、新たな被害個体はなかったの連絡。
2006年12月2日
 万一の際は県経由で水・廃水処理の手配をお願いする段取りをとったうえで、簡易な洗浄用具を準備して本会スタッフ(3名)が現地入り。重油の漂着があった範囲を調査し、砂浜は可能な限り実際に歩いて漂着個体を探したが、新たな被害個体は発見しなかった。
 ※当初に死亡個体が漂着していた場合、現地の油回収時に、漂着ゴミとあわせて処分された可能性がある。ただ報道もなかったことから、実際に無かった可能性も高い。
  また、沿岸のカモメ類やカワウにも、目立つ重油の付着はなく、飛行等も通常どおりだった。
  なお、アイガモが被害を受けた腰掛川は、地形上、満潮時に流れ込んだ重油が集中して遡るようになっており、川幅も狭くなる(2m未満)。そのため被害が発生したと考えられる。
              

スポンサーサイト

category: 重油流出事故

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。