豊島沖タンカー衝突事故(2006年)  

豊島沖タンカー衝突事故(2006年)
〔概要・問題点〕
 2006年11月28日、香川県小豆郡土庄町豊島沖で貨物船と小型タンカーが衝突し、タンカーから積み荷の重油が流出する事故が発生しました。重油は事故現場から東方約10キロの土庄港まで到達しました。
 野鳥への被害も懸念されますが、12月3日現在、マスコミで報道されたアイガモ以外には、被害個体は発見されていません。
 本会も12月2日に現地で調査しましたが、重油で汚染された野鳥は死体も含めて発見しませんでした。
また現地では野鳥自体が少なく(カモ類は1羽も見ませんでした)、今後、少なくとも小豆島沿岸では、新たな被害が
発生することは少なそうです。

〔香川の野鳥を守る会の方針〕
今後も同様な事故が発生した場合、本会では、重油汚染の被害鳥講習を受講したスタッフを中心に、関係機関、県外の専門家・経験者と連絡をとりつつ対応します。

●お願い
 野鳥の重油汚染対策は、一般人が適切に行うことは不可能です
 温水の準備、ケージ、安全に活動できる装備、そして洗浄した排水の処理など、クリアすべき課題がたくさんあります。
 本会でも現地の保護団体としての状況確認や調整はできますが、最適な保護・洗浄は関係機関と調整し、専門のネットワークに依頼しなければ不可能です。
 皆様も自分だけで助けようとせず、各機関との連携にご理解とご協力をお願いします。

もし重油流出事故が発生した場合
①生きている野鳥で、自力飛翔が困難な場合(海岸に打ち上げられた水鳥など)
香川県みどり保全課へご連絡ください。
 申し訳ありませんが、本会スタッフも全員現時点で本会へ直接ご連絡いただいても、すぐに行動できる人員がありません。
 また、重油が付着した野鳥でも、まだ十分飛翔できる個体まで捕獲して保護することは困難です。
 
②死んで打ち上げられた野鳥を発見した場合
種類、わかれば雌雄、羽数、場所、発見日時、発見者の方の氏名・連絡先を、本会や県みどり保全課にお知らせください。本会で送られた場合は、集約して、県みどり保全課へも通知します。


●豊島沖タンカー衝突事故(2006年)経緯
2006年11月28日 夕方 事故発生
2006年11月29日 新聞各社で報道
2006年11月30日 
 重油が広範囲に広がり、最大で約60キロリットル(ドラム缶300本分)になる可能性などが報道され

同日 昼 〔本会〕
 ・県外の重油事故経験者の方と連絡
 ・香川県みどり保全課、同水産課に、重油汚染の野鳥が発生した場合、
  県外の経験者と連絡しつつ、本会でできる協力をすること口頭で連絡
 ・香川県みどり保全課に、現時点では被害鳥の情報がないことを確認

同日 夜
 ・TVニュースで重油汚染のマガモ(後にアイガモ※と確認)が報道される
  ※腰掛川でアイガモ7羽が被害を受け、1羽が死亡。

2006年12月1日
 香川県みどり保全課の担当の方より、本日重油が漂着した沿岸を確認したが、新たな被害個体はなかったの連絡。
2006年12月2日
 万一の際は県経由で水・廃水処理の手配をお願いする段取りをとったうえで、簡易な洗浄用具を準備して本会スタッフ(3名)が現地入り。重油の漂着があった範囲を調査し、砂浜は可能な限り実際に歩いて漂着個体を探したが、新たな被害個体は発見しなかった。
 ※当初に死亡個体が漂着していた場合、現地の油回収時に、漂着ゴミとあわせて処分された可能性がある。ただ報道もなかったことから、実際に無かった可能性も高い。
  また、沿岸のカモメ類やカワウにも、目立つ重油の付着はなく、飛行等も通常どおりだった。
  なお、アイガモが被害を受けた腰掛川は、地形上、満潮時に流れ込んだ重油が集中して遡るようになっており、川幅も狭くなる(2m未満)。そのため被害が発生したと考えられる。
              

スポンサーサイト

category: 重油流出事故

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

屋島パラグライダー問題(2002~2003年)  

屋島パラグライダー問題(2002~2003年)


〔概要・問題点〕
 高松市の屋島において、活性化対策としてパラグライダー離陸施設の整備計画がありました。高松市は、「活性化」につながるとして高松市は補助金を支出。
 しかし県内には当時、すでに8箇所もパラグライダー施設があり、それらの状況把握、屋島に整備した場合の利用状況の試算などは何もなく、ただ「活性化に役立つ」という根拠のない期待だけがありました。
 また、屋島には絶滅が懸念されるハヤブサ(国・県とも絶滅危惧Ⅱ類に指定)、ミサゴ(国・県とも絶滅危惧種に指定)が繁殖。これらへの悪影響が予想されますが、事前の調査は全くありませんでした。
 こうした無計画な事業ですが、行政などは「活性化対策」という言葉だけを重視。税金が無意味に投入されました。
 さらに県も「市が補助する事業だから」と安易に考え、国立公園・鳥獣保護区・天然記念物である屋島での樹木伐採を許可。
 試験飛行が強行され、ミサゴをはじめとする野鳥への影響が明らかになったにも関わらず、検討委員会の判断は「着地地点を変えればいい。それまで休止」というもの。
 検討委員会では、「高松市には自然保護を担当している課はない」という、市担当者の暴言もありました。
 
 ただ本会や一部市議の活動により、この計画は頓挫。2014年現時点でも、復活の話はありません。
 
 パラグライダーという趣味を否定はしませんが、どこでやっても良いものではないし、「活性化」のためなら自然を破壊しても良いという姿勢は見過ごせません。
 今後も同様な事例があれば、本会では野鳥保護の立場から主張していきます。

 なお、屋島のミサゴは、その後繁殖等について複数の論文が発表されるなど、どんどん重要性が明らかになっています。

〔香川の野鳥を守る会の主張・方針〕
★他施設の利用状況も把握せず、利用見込みも立てていない「活性化対策事業」は無意味。
★有料道路内で、初心者が使えない施設で「活性化」はありえない。
★野鳥への影響を把握するには、「何もしていないとき」の調査が不可欠。それがない「試験飛行」は無意味。
★試験飛行では、明らかにミサゴに影響があった。これ以上の「試験飛行」は無意味。
事業は即刻中止。伐採地は原状回復すべきだ。

★パラグライダーの試験飛行に関係する当時の資料は、下記に掲載しています。

屋島におけるパラグライダー飛行の中止及び伐採地の原状回復を求める要望書
屋島パラグライダー計画の問題点(質問書)
※上記2つでセット。平成15年6月10日、高松市観光課へ提出。
 屋島パラグライダー計画に対して、活性化対策としての疑問、野鳥への影響について指摘。
要望書(平成15年6月10日付け)に対する回答
・平成15年7月8日、高松市観光課から、本会の中止要望・質問書への回答。
試験飛行に対する本会独自の調査結果報告書
検討委員会あて中止要望書

〔経緯〕
●2002年
 高松市の屋島において、活性化対策としてパラグライダー離陸施設の整備計画があるとの報道。これは県内のパラグライダー愛好者の「屋島で飛びたい」という要望が市議会議員に寄せられたのが始まりです。
パラグライダーの飛行が野鳥に悪影響を及ぼすのではないかという懸念が、県内の野鳥関係者に生じました。

●2002年2月
 日本野鳥の会香川県支部が中止要望を提出。

●2002年4月
 誰も知らないところで、市の活性化対策事業として正式に交付決定。

●2002年6月
 高松市の6月市議会で、香川県支部から中止要望書が出ているが、どのような状況かと問われ、高松市長は「調整する」と答弁。
 また、屋島は国立公園・鳥獣保護区・天然記念物です。
 現況とこの議会発言を考慮すれば、簡単に事業が推進されることはないだろう、というのが大方の見方でした。

●2003年3月
 突然、伐採に要する各種許可(天然記念物の改変・国立公園特別地区での工作物の設置・保安林の解除・保安林内作業許可)がおり、3月初めに離陸地点を伐採したということが判明。
 本会事務局はこの時まで、「この事業は、すでに社会的に認知されている日本野鳥の会の支部が中止要望を出したのだから、それなりにきちんと再検討されるだろう。」と判断し、当面静観する方針としていました。
 しかし突然の伐採を受け、急遽事業の経緯を調査。その結果、事前調査もない、活性化の見込みもない、全くの行き当たりばったりの事業であることを確認しました。

●2003年4月
 伐採という既成事実を追うかたちで検討委員会が設置。しかし最も重要な、根本的な事業の必要性は検証されませんでした。

●2003年6月
 香川の野鳥を守る会、中止要望書と質問書を高松市に提出。
 事業効果の見込みが無いこと、確実に野鳥への影響があることなどを、様々な根拠をもとに指摘しました。

●2003年8月
 香川の野鳥を守る会、屋島パラグライダー計画の問題点について、談話会を開催。

●2003年10月
 試験飛行実施。
 しかし、試験飛行と比較するはずの「何も無い状況」の調査はとうとう無し。また、試験飛行のコース・飛び方等はパラグライダー団体任せ。「何を、どのように調査するのか」、「どういう状態を影響ありと評価するのか」が全く検討されず、また環境省の示す猛禽類調査のガイドラインにも配慮しない、無意味な調査でした。
香川の野鳥を守る会は、現場で独自の影響把握調査を実施しました。

●2003年11月
 香川の野鳥を守る会、独自の調査報告書を市等関係団体に提出。
パラグライダーが明らかに野鳥に影響を与えている事実を明らかにしました。

●2003年11月
 検討委員会開催。
野鳥への影響があったこと、着地場所をずれたケースが複数あったことなどが報告されました。これで環境・安全面での問題が明らかになったにも関わらず、「影響があったので」着地場所を変える、それまで休止、という判断。
影響があるという事実から目をそらす、推進ありきの結果でした。

●高松市のウソ -ごまかすためには何でもあり-(2003年3月)
 3月市議会では、「伐採前に、香川県が日本野鳥の会に委託して猛禽類の生息調査を行った」と市長が答弁。
 しかしこの調査は、全県のハヤブサ・ミサゴの分布状況を調べることが目的の、5年前の調査です。また屋島のハヤブサの繁殖状況について調査しているものの、それは単に「いつペアになり、いつ巣をつくり、いつ孵化して・・・」という程度の調査でしかありません。
 全く関係のない昔の調査を、現在の開発工事の「事前調査」と言い張る。結局高松市は、事前調査をしていないためにこうした「嘘」でごまかすしかなくなったのです。こんな「関係のない調査」を「事前調査」としてごまかす行政は信用できません。
 また、仮にこうした「過去の調査を事前調査とする」という馬鹿な話が成立するなら、どんな調査も将来の開発工事の事前調査になりえます。
 例えば高松市は、「高松市身近な環境調査」という調査を実施し、市内のヒバリやツバメなどの調査をしていました。この調査は平成12・13年度の2年間にのべ987人も参加し、小学生が最も多かったそうです。調査の目的は「自然環境保全のための資料」(高松市ホームページより)であり、実際参加者は郷土の豊かな自然を守る手助けがしたい、という気持ちだったと思います
 しかし市の姿勢は、この調査も、開発工事の事前調査になりえるということです。

●高松市のずさんな事業執行 -山ほどある問題点-(2003年6月)

1 事前調査の不足
(1)伐採地の事前調査がなされていない。また伐採にあたって影響がないと判断した根拠がない。
(2)ハヤブサ・ミサゴの事前調査がない。また試験飛行は影響がないと判断した根拠がない。
(3)飛行予定ルートの下で繁殖するオオルリやホトトギスなど、樹上でさえずる野鳥の生息状況の事前調査がない。また試験飛行は影響がないと判断した根拠がない。

2 飛行状況が変化した場合の対策が不明
(1)本格的に稼動した場合、毎年ハヤブサやミサゴの繁殖状況をチェックしなければ、飛んでよい状況かどうかわからない。誰が、どのようにして継続的に確認するのか不明。

3 レッドデータリストへの配慮の欠如
(1)ハヤブサやミサゴは国のレッドデータや県の暫定的なレッドリストで、絶滅危惧種としてランクされている。
行政はその保護に配慮すべきだが、高松市は国及び県のレッドデータブックを尊重する意思がない。

4 活性化につながるという根拠が不明
(1)県内にはすでに8箇所もパラグライダー施設がある。屋島で実施するにあたり、他施設の利用状況を確認していない。
(2)「活性化」という名目で市費から補助金を出しているが、実際にどれくらい効果があるのか調査されていない。
 ※市は「やってみなければわからない」と言いました。

5 事業が失敗し、活性化につながらなかった場合の処理が不明
(1)影響が発生したとき、伐採地の原状回復が困難である。
  ※市は「放置しておけばいつか元に戻る」と言いました。
(2)整備しても人が集まらないとき、活性化対策を失敗した責任は誰が持つのか不明。
結局パラグライダー愛好者の「遊び」のために、税金を投入して国立公園・鳥獣保護区を破壊したことになる。

●高松市の無責任体制 -他の課のすることは知らない-(2003年6月)
 2003年、市議会で「平成16年度の全国豊かな海づくり大会で、パラグライダーを飛ばす」という市の発言がありました。
 しかしその時、まだ検討委員会があるだけで、試験飛行も未実施。香川の野鳥を守る会も中止要望を提出していたところです。
 そのような中、本格稼動を予定するとはどういうつもりか、と高松市観光課へ抗議しました。
 すると、最初に帰ってきたFAX回答は、「あの発言は別の課が準備したもの。うちの課は知らない」というもの。
 同じ高松市という地方公共団体で、同じ事業について、別の課だとかどうかは関係ありません。
しかも、その別の課じたいも、屋島パラグライダー計画の検討委員会に入っており、現在どのような状況かは理解しているはずです。
 完全に検討委員会を無視し、また反対意見を馬鹿にする態度。
 この件で、高松市という行政の体質が見えてきます。

●試験飛行 -無意味な調査-(2003年10月)
 当日、基本的に全てパラグライダー団体任せ。どう飛ぶか、いつ飛ぶかは自由。結局選抜メンバーが遊んだだけでした。
 事実、飛行したうちの一人は、冒頭にパラグライダー団体の責任者自身が「高く飛ばないように」と指示してたにも関わらず高度を上昇。その光景を見た記者が、パラグライダー団体の責任者に「あの人は何をしているんですか?」と問うと、はっきり「彼は遊んでいますね」と回答していました。
これのどこが「調査」なのでしょうか。また昼食時には、転落防止のためのチェーンを放置。安全管理のずさんさが、すでに明らかになりました。
 なお、検討委員会で示された調査結果は、調査というより「観察記録」。本来なされるべき雌雄識別、飛行コースの記録、タイムテーブルなどは全くありませんでした。

category: 地域保全

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板