栗林公園で観察会始め 2018年1月  

栗林公園で観察会始め 2018年1月21日

 今年も栗林公園で年始の観察会。
 例年ワクワクさせてくれるトラツグミは、今年はどうも不在。ただ晴天の稲荷山(栗林公園北西側の峰)斜面に、とまっているミサゴやハイタカを発見。今日も猛禽類が出やすいようです。
 
 歩みを進めると、周囲からはカラ類の声。また花園亭付近の芝生では1羽のツグミに出会いましたが、何だかツグミ・ムクドリが少ないようです。2~3声、クイナの声を聴きましたが、残念ながら探すこともできない場所でした。

 公園南西部の掬月亭付近では、室山(栗林公園南西側の峰)でとまっているハイタカを確認。それを観察しているとノスリも飛翔。
ノスリ201801
(PHOTO◎スタッフ岩田)
これでミサゴ、ハイタカ、ノスリ、トビと4種の猛禽を確認です。

 続いてルリビタキを探すも、今日は出会ず。代わりに見やすい場所にとまってくれたジョウビタキに、皆の顔もほころびます。
桶樋滝付近では、一瞬だけカワセミに遭遇。慌てて探すも姿は見えず、もう出会えないかと思いながら西湖へ進んだとき、再びカワセミが到来! 今度はじっくり姿を見せ、ダイビングも披露してくれました。

 そしてキセキレイ、目の前を堂々と散策するアトリをじっくり観察し、観察会は終了です。
アトリ201801
 (PHOTO◎スタッフ川崎氏)

 ビンズイやルリビタキに出会えず、羽数も少なかった観察会でしたが、その一方で出会った野鳥はほぼ全てじっくり観察できた、密度の濃い観察会なりました。
 来月も栗林公園、今度はルリビタキを探しましょう!

スポンサーサイト

category: ■守る会について

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

鳥インフル発生に伴う過剰反応に注意しましょう!  

■鳥インフルには冷静な対応を

 1月11日、高病原性鳥インフルエンザのさぬき市での発生が確認されました。24日現在、このインフルエンザウイルスは、昨冬にヨーロッパで流行したH5N8亜型がシベリアに運ばれ、そこでユーラシアの野鳥に分布しているHxN6型と混合したものが、渡り鳥によってもたらされたものと発表されています(農研機構,1/24プレスリリース)。

 日本には昨年11月にも、島根県のコブハクチョウから同じくH5N6亜型が検出されており、2種類の高病原性鳥インフルエンザウイルスが侵入していることになりますが、そもそも鳥インフルエンザは、通常の生活では人への感染しません。また、卵や肉を食べての感染も世界的に報告されていません。

 また、野鳥が弱ったり死ぬことは当たり前のことであり、仮に死骸を見つけても、いたずらに騒ぐ必要はありません(ただし通常の注意として、不用意に触ったりすることは避けましょう)。もし同一場所で大量死していたら、県みどり保全課へ連絡してください。

 むしろ注意すべきは、過剰な反応です。

 鳥インフルエンザを恐れて、普通に生活している野鳥を追い払ったり、近所のドバトに農薬入りの餌を撒いたり(犯罪です)することは許されません
 また過去の鳥インフルエンザ騒ぎの際には、飼っている家禽を棄てるという事案も発生しています(高松等でニワトリなど4件11羽遺棄、2004.2.27付け四国新聞)。
 もし、鳥インフルを理由とした野鳥の捕殺があれば、速やかに県や本会にご連絡ください。

category: 狩猟・有害駆除の適正化

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

野鳥観察会 in 丸亀市 土器川生物公園  

野鳥観察会 in 丸亀市 土器川生物公園

 平成29年12月17日(日) 

 やや強めの風が冷たい日となりました。
 事務局は私用のため9:40頃に到着、河川敷側で合流。 まずはベニマシコを探すも、この時は出会えず。
 ただ、アトリの群れが頻繁に上空を飛び交います。
 カワラヒワ(亜種オカワラヒワ)、セグロセキレイやキセキレイを観察した後、林内に戻ります。すると、まずは水路近くの石の上にジョウビタキ(♀)。 可愛らしい姿をじっくり見せてくれました。

 続いてエナガの声がする方へ。先月もキクイタダキがいたので期待して探していると―、いました!
キクイタダキ201712
 ▲キクイタダキ 2017.12.17 PHOTO◎スタッフ川崎氏

 今回は複数羽が、目前の枝先でホバリング気味に採餌しています。これまた可愛い姿を、皆で堪能しました。
 その間もエナガ、コゲラ、シジュウカラがあちこちにいて、冬の混群ならではの賑わいです。

 この時一瞬ですが、林の向こう側にハイタカSPが飛びました。アトリも飛び立って騒がしくなった後、エナガ・キクイタダキの群は過ぎ去りました。そこで、改めて河川敷側へ。

 すると、先行するスタッフ・古市さんが手招き。ベニマシコです!
ベニマシコ201712
▲ベニマシコ 2017.12.17 PHOTO◎事務局(岩田)

 ラッキーなことに樹上の良く見える枝先にいました。あまりの幸運に浮き足立ち(僕のカメラのシャッター音が近すぎたかもしれません。申し訳ありません。)、残念ながらベニマシコは程なく飛び去ってしまいましたが、多くの方が「赤い鳥」を観察することができたのではないでしょうか。
 振り返ってみると、キクイタダキ・ジョウビタキ(♀)・ベニマシコと、どれも満足できる出会いが続いた観察会となりました。

 年内の観察会はこれで終了となりますが、土器川生物公園での野鳥観察の楽しさは、参加していただいた皆さんに味わっていただけたと思います。ぜひ年末年始、足を運んで、改めて「赤い鳥」を探してみてください!

【観察種】  25種
カワウ 2F
コサギ
アオサギ
トビ
キジバト
ハイタカSp 1
カワセミ
コゲラ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ヒヨドリ
モズ
ジョウビタキ 1♀+
シロハラ
ツグミ
キクイタダキ 5+
エナガ
シジュウカラ
メジロ
アオジ
アトリ 50+
カワラヒワ
ベニマシコ 1♂1♀
ムクドリ
ハシボソガラス





category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

香川の野鳥を守る会 掲示板

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪