香川の野鳥を守る会 ご案内  

「香川の野鳥を守る会」は、香川県に密着した野鳥保護団体です。
設立:2002年1月

★「香川の野鳥を守る会」という名称について
「香川の野鳥を守る会」という名称には、設立メンバーの想いが凝縮されています。
・香川県だけを対象にする。
  県外の(自分たちでは対処しきれない)問題、野鳥情報を追いかけない。
  手を広げるよりも、足元を地道に固めます。
・野鳥だけを対象にする。
  自分たちの知識がない他の動植物、環境問題に無責任に手をださない。
  そのかわり、野鳥を専門に見る者として、力の限り取り組みます。
・守る=保護活動をする。
  野鳥を見る、調べる、観察会をする…全ての活動は、「保護」を念頭におく。

★会員制度
 「香川の野鳥を守る会」は、皆さんの積極的なご参加・ご支援をお願いしています。
 個人会員:年会費 2,000円
 家族会員:年会費  500円 詳しくは <会員制度> をご覧ください。

★シンボルマークについて
マーク デザイン:曽根俊二氏(本会代表)
描かれているのは、香川県で最も身近なキツツキの仲間、コゲラです。
 たぶん、県内のどの山にもいます。
 しかし観察会などで、多くの方から「自分たちのすぐ近くにキツツキがいるなんて知らなかった!」という声を伺います。

 キツツキは、枯れ木に営巣して、樹木に巣食う線虫などを食べる、いわば里山の雑木林の番人です。
 この野鳥をシンボルに選んだのは、次のような理由からです。

 ・最も身近で、でも知られていない「コゲラ」を通して、身近にキツツキ(野鳥)が生活していることを伝えたい。
 ・キツツキ類中最小のコゲラのように、小さくともコツコツと活動していきたい。

 なお、葉っぱが3枚にも意味がありますが、それは内緒です。

★活動
・行政に対する活動等
・野鳥観察会の開催
・通信「こげら通信」の発行
・野鳥記録・研究誌「Woodpecker」の刊行
・イベントの開催
関連記事
スポンサーサイト

category: ■守る会について

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板