2014年3月 新川観察会  

ボラを拾うトビ、ツクシガモ

本日は新川での観察会。今回も久しぶりに参加できたスタッフもいて、
賑やかな出発となりました。
潮は満潮に向かう頃。多くのカモ類がスタート地点に集合しており、
マガモ・ヒドリガモ・オナガガモなどを観察。
ヒドリガモのピュイーという声が良く聴かれましたが、
この個体は反り縮みディスプレイをしているのでしょうか。
後ろでメスも注目です。
20140316_2
ペア形成もかなり進んでいると思うのですが、まだあぶれている個体もいるようです。

また遠くの中州では、ツクシガモを発見。昔は香川では珍鳥でしたが、
近年はほぼ2年に1回程度、県内のどこかに渡来している感じです。
20140316_1
(ものすごく遠かったのでボケてます。ごめんなさい。)

また、上空を舞う若いトビが水面にダイブしたと思ったら、
ボラを拾い上げました。
20140316_3
(角度が悪く手前で枝カブリ。ごめんなさい。)
ミサゴのように生きているのを捕えたのではなく、どうも死んでいたのを拾ったようです。
上手く掴めず、落としては再チャレンジを繰り返していました。

期待のヨシガモには会えませんでしたが、今回も楽しいひと時を過ごしました。
各種のカモ類を落ち着いて観察できるのは、たぶん今月まで。
お近くの池などで、ぜひ観察してみてください。

そうそう、観察会でもお話ししましたが、
ウグイスのさえずりの初認、ツバメの初認の記録を、香川の野鳥を守る会にお寄せ下さい!
関連記事
スポンサーサイト

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板