スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2014年6月 綾歌森林公園での野鳥観察会  

暑い! ホトトギスが間近、ツバメのお父さんは大忙し

6月1日だというのに30度超えの暑い日となりました。
新聞のおかげで参加者が多いかなと思ったら、全然でした。
初心者の人にも楽しめる観察会なのですが。
知名度がまだまだのようです。残念。

ということで、ホオジロの囀りを聞きながら、少人数でスタートしました。

谷筋では、センダイムシクイの囀りが頭上に響きました。
しかし残念ながら、茂みに囲まれて見えず…。

少し開けた場所に出ると、遠くからホトトギスのさえずりが聞こえます。
しばらく見ていると、頭上を横切ってくれました。

素早くて見難いですが、しばらく待てば稜線から飛び出してきます。
なかなか見ることが難しい種ですので、遠くてもコンスタントに見られるのは楽しいところ。

そのまま山をあがっていくと、目線の高さで、谷越しにホトトギスが止まっている場所がありました。
またその周辺では、頭上近くをホトトギスが通過。
どうやら、旋回コースの直下のようです。
260601ホトトギス22
(Photo・スタッフS氏)

肉眼で、翼を細かく震わせながら囀り飛翔を行う様子なども観察できました。
ああ、もっとたくさんの人と見たかった!

また、道端ではヤマドリの羽根を見つけました。
ヤマドリ羽根

最後に麓に戻ると、電線上にはツバメが集結。
どうやら、お父さんツバメが巣立った子どもたちに給餌しているようです。
お父さんツバメがしばらく飛翔し、電線の子どもツバメのところに戻ると、
子どもたちは盛んに鳴いてアピール。
短い時間でしたが、お父さんツバメは頻繁に給餌していて、大変でした。
↓ちなみにこの時は、給餌に失敗したようでした。
260601ツバメ1
(Photo・スタッフS氏)

この他は、キビタキ(声のみ)、ソウシチョウ(声のみ)、カラ類など。
また、昆虫や植物の話題、そしてベタなジョーク(おっさんだもの)で盛り上がりつつ、
とても暑い中でしたが、初夏ならではの観察会となりました。

ということで、本会としての観察会は、9月までお休みです。
(夏場は暑くて、観察会の時間は野鳥も木陰に入ってしまいますので…。)

どこかのフィールドで、スタッフは観察していると思います。
ぜひお気軽に、「次の観察会に行きたいんだけど」と声をかけてください!
関連記事
スポンサーサイト

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。