ウミアイサに遭遇、カニを喰うトビ  

平成28年3月22日(日) 新川観察会

護岸改修がなされた新川河口。
例年並みのカモはいますが、残念ながら岸近くから遠ざかるのも早くなりました。
そんな中、やや上流にカモ類が集結。

そこでまず、ここでは珍しいウミアイサ♂を1羽観察しました。
残念ながら頭を水面に突っ込んでの採餌が長かったのですが、パンクヘアーを堪能しました。
新川河口では過去にはクロガモが観察されたこともあり、海ガモ類も入り込むようです。

IMG_0386
▲眠るヒドリガモ。カモ類もくつろいでいました。

また、中州に休むヨシガモも観察。
時折り光が上手くあたり、鮮やかな緑色の頭部を楽しみました。

河口へ向かう途中では、一部の方がカワセミを発見したものの、すぐに飛翔。
続いて、トビがカニを飛べるシーンも観察しました。
IMG_0391

またアオアシシギが5羽佇み、カモ類との違いも確認しました。
瀬戸大橋通りの橋から南では、カルガモの群に遭遇。
雌雄識別の話などを交え、観察会は終了しました。種数は例年並みですが、個体数はやや少なめ。
来年はちょっと観察会をここで実施するか、再考のしどころのようです。
関連記事
スポンサーサイト

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板