スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2017年1月 栗林公園での観察会では、カワセミを堪能しました!  

2017年1月 栗林公園での観察会では、カワセミを堪能しました!

 寒波が訪れた日曜日。開始前から現れたのがトラツグミ。残念ながら全員は見られませんでしたが、幸先の良いスタートです。
 ウグイス、シロハラなど定番の野鳥を見て、さて池のマガモを…と見てみると、違和感のある3羽が池の中央に。眠っているため顔は見られませんでしたが、オカヨシガモです。栗林公園で見ることは滅多にないカモに驚きです。
 続いて、開けた場所で紫雲山の稜線をチェック。何かを発見、いつものミサゴか…と思ってスコープで覗くと、なんとハヤブサ。稜線で遠いとはいえ、見通しも良く、顔も腹部の横斑もばっちり確認。
 続いてお茶屋のジョウビタキ♀を楽しみながら、橋を渡ろうとすると「カワセミ!」
 端から5m程度先、とても見やすい枝先にとまっています。
201601カワセミIMG_1347.jpg
 通常はすぐ逃げてしまうのですが、なぜか彼女(♀でした)は飛び立たず。それどころか、3回もダイビングまで見せてくれました(魚を捕まえたのは、1回だけ)。観察会参加者と中国からの観光客の方々を楽しませた後、悠々と飛び去っていきました。
 その後、今度はジョウビタキ雄、上空を舞うミサゴ♀を堪能。
201601ミサゴIMG_1442.jpg
 すると、再びカワセミ!
201601カワセミIMG_1469.jpg
 やっぱり♀、たぶんさっきの彼女です。またまたカワセミをじっくり観察し、「あとはルリビタキだね」と、ポイントで待機。残念ながらスタッフT氏が観察しただけに終わりましたが、合間にじりじり動くビンズイを観察。また、メジロ・ヤマガラが周囲を飛び交います。
201601ヤマガラIMG_1546.jpg
 別の場所でルリビタキに会えるかなと移動中、1羽のハクセキレイが飛来。第1回冬羽の若い個体ですが、どうも歩き方がおかしい。
201601ハクセキレイIMG_1584.jpg
 よく見てみると、左脚がありません。事故か何かで失ったと思われますが、普通に採餌はできていますので、失ったのはかなり前なのでしょう。無事冬を越せることを祈っています。
 さて、しばらく進むとキセキレイ、その後セグロセキレイと、セキレイ3種もコンプリート。
201601セグロセキレイIMG_1656.jpg
 最後の鳥合わせでは29種(ダイサギを言い忘れてましたので、実際は30種でした!)と、種数もさることながら、ハヤブサ・カワセミ・ジョウビタキ等々、様々な野鳥を本当にじっくり楽しめた観察会となりました。
201601ジョウビタキIMG_1610.jpg

 香川の野鳥を守る会・15周年を祝うかのような幸先の良い観察会、次回も期待です!
関連記事
スポンサーサイト

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。