スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2017年3月 宝山湖野鳥観察会  

初めての開催となる宝山湖、まずはカモ類をチェック。
もう羽数は少ないですが、それでもマガモやヒドリガモは群で残っています。
その中に、カルガモやホシハジロ、オナガガモも少しいました。
同じく冬鳥のカンムリカイツブリは、もう夏羽で素敵な姿ですが、かなり遠くて残念。
ヒドリガモの糞を見て地上での行動を推理したり、ウグイスの囀りを聴きながら、ビオトープ方向へ進みます。

2017IMG_1837.jpg

途中、山側の池でテグスにぶら下がったアオサギの羽根を発見。
放置されたワーム(疑似餌)の針に絡まっており、野鳥の命を奪いかねない状態です。
こうした釣り糸・釣り針被害の話をさせていただきながら、さらに奥へ進みます。

上流の対岸では、枝先に何かの影。
2017IMG_1838.jpg
シルエットから「イカル!」と言いましたけどシメでした。
1羽だけですが、銀色に色づいた嘴をじっくり観察できました。

ビオトープ付近では、シジュウカラなどカラ類が飛び交います。
シジュウカラはオオカマキリの卵などを啄んでおり、興味深い姿を見せてくれました。

その上手ではカシラダカ・ミヤマホオジロを探しましたが、一部の方が見られただけで、今回は残念ながらじっくり観察するには至りませんでした。
しかしハシブトガラスが何度も枯枝を運ぶ姿が見られたり、上空ではツバメが舞い、春を実感させてくれました。
再び川へ戻ると、先ほどと同じところにシメ。この樹がお気に入りのようです。
先月頃までならベニマシコが見られたけれど、というポイントもチェックしましたが、やはり姿は見えず。次シーズンへの宿題としましょう。
2017IMG_1874.jpg

一番サービスしてくれたのは、ジョウビタキ雌でした。
2017IMG_1850.jpg

関連記事
スポンサーサイト

category: ■野鳥観察会

thread: 散策・自然観察 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

香川県野鳥関係文献目録

最新記事

月別アーカイブ

ご来訪

香川の野鳥を守る会 掲示板


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。